セロクエルなどの抗精神薬剤の服用期間。いつまで飲み続ける必要があるのか

抗精神病剤を服用しているけれど「いつまで服用するのだろう」と思う方もいらっしゃるようです。精神を安定させるという場合には、継続的な服用を求められることもあり、場合によってはそれが長期的になることもあるのです。では、いつまで飲み続けるものなのでしょうか。

■抗精神病剤を服用するということ
定期的に服用をするということや副作用などを考えたとき、不安があったり手間だと感じる瞬間があるのは不思議なことではありません。しかし、抗精神病剤の場合は「いつまで」という限定的なラインが難しいものといえるのです。もちろん、上体が安定しているという場合には「必要のない薬」ということになりますので、その時点で断薬ということになるでしょう。

■症状と服用期間について
どのくらいの期間服用するのかという部分は、病気の種類や症状などによって異なってきます。たとえば、病気の症状が以前と比較をしてか繰るなったという場合においても、完全に治ったというわけではありませんので、飲み続けたほうがよいという結果のほうが多いのです。

とはいえ、徐々に少なくしていくなどというアプローチはしていくこともあるかと思います。

■主治医に効いてみるのもよい
服用の必要性については、自己判断をせずにまずは主治医に相談をしてみることをおすすめします。納得がいくまで話をしていただいてかまいません。自分自身で判断してしまうと離脱症状が強く出てしまう場合もありますので、それだけは避けるようにこころがけましょう。

■抗精神薬の服用期間への疑問
このような疑問を抱くという方は少なくありません。症状や状態によっては、ある程度の期間を服用することが「再発防止」に有効であるというケースもありますので、まずは服用をすることについて理解と納得をしていきましょう。