セロクエルなどの抗精神病剤を服用しているけれど止めたいという希望について

抗精神病剤を服用するということにときおりネガティブなイメージを抱いている方がいらっしゃいます。自分自身ばかりではなく、ご家族など周りの人がそのような感覚になっていることもあるようです。そうした理由から「薬の服用をとめたい」という希望を抱かれるケースもあるのではないでしょうか。

そこで、服用の中止ということについて考えていきましょう。

■必要ではあるけれどとめたいというケース
症状の改善などはまだ見られていないものの、服用はとめたいというケースです。こうした場合、まずは自己判断で服用中止は避けたほうがよいでしょう。止めてしまうことによって、離脱症状や情緒の不安定になってしまう可能性があるのです。まずは医師に相談をし、薬の必要性や納得のいく説明をうけることが先決です。

■自覚的に依存症状がある場合
「抗精神病剤が無いと不安だ」という理由で服用を続けてきたものの止めたいとも考えている。このような方は多くいらっしゃるのです。そうした場合、中止するというのではなく徐々に服用量を減らしていく「減薬」という方法があります。段階的に少なくしていくことが離脱症状が出ないというためにもよい方法であると考えられているのです。

減薬をするにも、まずは主治医の指示を仰ぐことが大切です。

■まずは受け入れること
状態が落ち着けばいずれは服用しなくてもよいのが向精神薬です。ネガティブになりすぎずに「今の自分には必要なものである」という感覚を持っておくこともまた大切なことともいえるでしょう。それは、周囲にいる人たちも同様です。服用していることを責めたり、いつ治るのかとせかすようなことは逆効果となってしまいますのでまずは理解を示していきましょう。