治療法や抗精神薬剤の作用や情報を知って心の状態を改善しよう

心に不調がみられたときなどは精神科もしくは心療内科に受診をするという方もいらっしゃるでしょう。そして、抗精神病剤とよばれるものを処方してもらうこともあるかと思います。今回は、病院の受診と薬について考えていきましょう。

精神科や心療内科で処方する薬について

精神に負担がかかり、薬の処方が必要であると判断された場合には、個々の症状や状態に合わせた抗精神病剤が処方されるでしょう。この薬の詳細な部分についてですが、「抗不安薬」「抗精神病薬」「抗躁薬」「抗うつ薬」「抗てんかん薬」などさまざまな種類のものがあります。

治療法や抗精神薬剤の作用や情報を知って心の状態を改善しよう

さらには、向精神薬とあわせて胃薬などが合わせて処方される場合もあるでしょう。

抗精神薬の種類と症状について

たとえば、上記でいうと「抗てんかん薬が処方された」となると病名はてんかんであるというイメージがあるかもしれません。しかし、向精神薬の処方と病名はまた別のものとなります。抗てんかん薬がうつ症状のケースに使用されることもあるのです。

薬の作用がその症状にあっているかどうかというのが中心になってくるのです。ですから、自己判断をせず、病名などについて気になったとき・薬について不安や聞きたいことがあるというときには主治医に相談をされることをおすすめしたいと思います。

抗精神病薬に関する情報提供について

薬がどのように作用するのか?強さはどの程度なのか?などといった部分については主治医に相談をされるとよいでしょう。中には、薬剤そのものについて製薬会社に情報を提供してほしいという声もあるかもしれません。製薬会社についてですが、医療関係者には提供をすることもあるかと思いますが、関係者以外にはそれが見られないことも多くあります。

各製薬会社の公式ホームページなどに記載がなされているかと思いますので閲覧をしてみるのもよいかと思います。

治療法や抗精神薬剤の作用や情報を知って心の状態を改善しよう

ジェネリック医薬品について

向精神薬にもジェネリック医薬品というものは数多く存在しています。処方代金が抑えられ、継続的な服用が求められがちな種類でもありますから活用するのもよいでしょう。医師や薬剤師から提案がなされた場合には検討をしてみてください。もちろん、ジェネリックではないものをという希望も伝えることは可能です。

効果作用などは同等ですので、効果に差が出てしまうという心配はまずありません。身体的な負担・副作用などについても同等なものとなっています。

抗精神病薬であるセロクエルの購入はこちらから
セロクエルうつ http://www.ntp-k.org/medicine/mental/seroquel.html

代替医療との併用について

向精神薬と代替医療をという方もおいでのようです。代替医療とは鍼・灸・薬草・リフレクソロジーなどさまざまな種類があります。もし、興味がある・試してみたいという場合には取り入れてもよいのですが、薬草などを取り入れる場合には注意が必要です。

西洋ハーブとして有名な「セントジーンズワート」は、抗うつ薬と併用することで重篤な副作用が生じる可能性があると発表されています。ですから、もし代替医療を実践したいという場合は、精神科もしくは心療内科にてその旨を伝えていただくことが大切です。

抗精神病薬が合わないと感じたら

服用をしても効果がない・服用をすると身体的に不調をきたしてしまうなどという場合には医師に伝えるようにしましょう。我慢をせずに伝えることが大切です。変わる治療薬や治療方法というものを提案してくれるかと思います。

安心に取り入れられる薬

向精神薬というと「怖い」というイメージをお持ちの方も多いようですが、決してそんなことはないのです。用法と用量を守って取り入れていくことによって効果的に作用してくれることでしょう。

セロクエルなどの抗精神病剤はうつに強い!あなたにぴったり合う薬はどれなのか

ストレスがたまりすぎて、ちょっと「うつ」な気分になるとふさぎ込みがちになります。いままではいろいろなことが、楽しくて仕方なかったという人であったとしてもいったん鬱症状を呈するとなかなかそうはいかなくなるのです。

抑うつ症状と呼ばれている

こうしたうつの症状のことを「抑うつ症状」と呼びます。ふさぎ込みがちになって、どんどん物事をネガティブな方向に考えてしまう、あるいは全く物事を考えることができないなど抑うつ症状は人生の中で最も暗黒な時期を過ごすかも知れません。一刻も早く直してしまって、早く元の生活に戻したいとお考えになる方も大勢いらっしゃいます。

抗精神病剤はうつ症状とともに歩んできた

実はこうしたうつ症状を治すために、抗精神病剤が生まれてきたと言っても過言ではありません。長い間いろいろな薬が発売されてきましたが、抑うつ症状を軽減するための薬として設計されてきているのです。うつ症状とともに歩んできた抗精神病剤の歴史は、非常に長いものになります。

抗精神病剤はうつ症状とともに歩んできた

多くの薬がうつ症状に効く

それゆえ現在発売されている多くの薬がうつ症状に効きます。薬の種類が多いため、どれがあなたにぴったり合うのかと言うことは最初からわかるというわけではありません。ただ多くの薬がうつ症状に効くという事実を認識しておけば、自分に合う薬を探すことができるでしょう。

早いところうつから解放されよう

うつ症状は少なくともよい状態ではありません。そんな状態からすぐに解放されて、元の明るい元気な生活に戻りたいとお考えになる方が多いかと思います。お薬を適切に使えば、短期間での治療も夢ではありませんからぜひとも自分に合う薬を探してみてくださいね。